住宅に出来るあらゆる隙間を埋めることで断熱性と気密性を高めているのが、省エネ住宅です。
隙間を埋めるということは、窓の存在はとても大きなものになってきます。
窓ガラスは熱伝導率がいいので、選ぶガラスを間違えると省エネ効果が半減してしまいます。
窓からの外気をいかに上手く調節するかで、省エネ住宅としての価値も変わってきます。

スポンサードリンク

一般的に断熱ガラスや断熱サッシといったものを使うことが多いのですが、これは新築だから簡単にできることです。
既に建ってしまっている住宅の窓ガラスを交換することは、かなり大きな工事になりますし、費用もそれなりにかかってしまいます。

そこで有効に使って欲しいのが、窓を覆う「窓掛け」の存在です。
窓掛けというと分かりにくいかもしれませんが、要はカーテンやブラインドのことです。
どこの住宅でもあるのが、カーテンですね。使いやすく、デザインも様々なものがあります。

カーテンを特注しておられる方は、窓のガラス部分だけでなく、天井から床までぴったりのサイズにされていると思います。
市販されている既製品を購入すると、どうしても窓のガラス部分が重点的に覆われる形になります。
そうするとカーテンのない隙間から外気が入り込み、省エネ効果が下がってしまいますね。

また、一重のカーテンを使われていることもあるかと思いますが、省エネ効果の点でいえば、二重カーテンのほうがより効果的です。
二重にする場合は、厚手のものと薄手のものを吊るしておけば、時間帯や季節によって使い分けをすることができます。
ペラペラの生地よりも、ヒダの多いカーテンのほうが、省エネ効果が高いことも知っておいて欲しいですね。
ヒダの部分に空気層ができますので、より省エネ効果がアップします。

ちょっとオシャレに、ブラインドを使われている場合もあるでしょう。
羽を回転させれば、簡単に日射にの具合を調節することができて、便利ですね。
最近では、羽の部分に遮熱塗料が塗られた製品も出ており、これだと夏場の冷房効果もアップして、さらに明るさもきちんと確保できます。
このブラインドとカーテンを組み合わせて使えば、窓を工事するのと変わらないくらいの省エネ効果が期待できるでしょう。

日本ならではの窓掛けもありますね。和室にある障子がそれです。
薄い障子紙ですが、夏場はしっかりと日光を遮ってくれますし、冬場は暖かい空気を逃がさないようにしてくれます。
子供の頃はよく障子を破ってイタズラしたものですが、最近では、破れにくい障子紙というのも出ているようですね。
より長持ちするようになって、コスト的にも大助かりだと思います。

デザイン重視で窓掛けを選ぶ方もいると思いますが、その前に、まずは省エネ効果の面から選んでほしいと思います。
デザインはいずれ飽きてしまいますからね。
快適な暮らしを省エネ住宅で送っていくには、こうした窓ひとつに関しても配慮してほしいと思います。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

省エネ住宅:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://home.16f9.com/eco/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。