マンションや住宅購入の際、多くの方は住宅ローンを利用すると思います。
引渡しが終われば、そこから長いローンの支払いが始まっていくわけです。
一気に現実に引き戻される方も多いですが、ここからがある意味本番というわけですね。

スポンサードリンク

マンション,住宅購入と住宅ローン

今でこそ住宅ローンを利用する多くの方が民間の銀行ローンを選択していますが、民間ローンが始まったのはごく最近の話なのです。

それ以前は、住宅金融公庫の融資を利用するのが一般的でした。
その住宅金融公庫も2007年3月には廃止されましたが、4月には新しく住宅金融支援機構として生まれ変わりました。

新しくなってから、災害時の復興支援融資などの例外を除き、利用者への直接融資は廃止になりました。
難しい話ですが、利用者からすれば自分でローンの手続きをする方は少ないので、基本的にはあまり変わりはないと思ってもらっていいと思います。

現在の住宅ローンの2本柱は、民間ローンと、フラット35です。
フラット35とは住宅金融支援機構のローンの商品名で、ローンを証券化して買取機構に買い取ってもらう「買取型」がまず一つ。
提携している金融機関が証券化する場合は、それを保証する形をとるのが「保証型」と呼びます。

とはいっても、どんな仕組みかよくわからないと思いますので、ここでは買取型について、簡単に説明していきたいと思います。

【フラット35買取型】

・融資は民間の金融機関が行います。

・金利は取り扱う金融機関によって異なります。

・平成19年10月時点では、返済20年以下で2.75〜3.4%、返済21年以上で2.95〜3.5%となっています。
フラットに力を入れている金融機関は、比較的金利を安くして売り出しています。

・金利は変動はなく、固定のみになります。
申し込み時の金利ではなく、融資開始時点の金利を適用します。

・返済期間は15年〜35年で、1年ごとの設定が可能です。(22年、などでもOK)

・融資限度額があり、費用の9割、8000万円までとなっています。

・フラット35で借り入れする金額+自動車ローンや教育ローン、財形住宅融資などの合計が年収の一定割合に収まらなければいけません。
年収400万円未満の方は1年の返済額が年収の30%以下、年収400万円以上の方は、35%以下でないと融資を受けられません。

・申し込みできる年齢は、70歳未満です。ただし、親子ローンを利用する場合は、この限りではありません。

・購入する住宅の床面積も制限があり、一戸建てなら70㎡以上、マンションなら30㎡以上(専有面積)という基準があります。
上限はありませんので、小さすぎる住宅はダメ、ということです。

条件が色々あり、めんどくさそうですが、固定金利を利用しようとお考えの方は検討してみていいと思います。
他のローンと比較して、一番自分に合ったものを利用するようにしましょう。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

マンション・住宅購入ガイド:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://home.16f9.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。